中村雅俊しみじみ「下駄を履く“中村”を知る人はもう少ない」

中村雅俊  [拡大する]

中村雅俊 

 歌手で俳優の中村雅俊が主演を務め、07年以来2度目の上演となる舞台『僕たちの好きだった革命』の製作発表会が23日に都内で行われ、中村らキャストが舞台での役柄同様“制服姿”で出席した。60年代の学生運動を取り入れた同作にちなみ、現代の若者について聞かれた中村は「(自分は)あの頃は、人と違うことをしようという意識があったけど……もう“下駄を履いている中村”を知っている人は少ないでしょうね」としみじみ語った。

 69年に勃発した学園紛争における機動隊との乱闘によって意識を失い、眠り続けた中村演じる高校生が30年後の99年に目を覚まし、47歳で高校に復学。学生運動の時代から現代に蘇った高校生が、再び熱い思いを燃え上がらせるという同作。2年前に初演された同作が舞台初挑戦だった女優の片瀬那奈は「意外と早い再演で驚いています。気を引き締めて頑張っていきたい」と意気込んだ。

 学生運動の時代にちょうど出身の宮城県から上京し、大学生になったという中村は「(あの頃は)みんな世の中の動きに敏感で、何かあると“クラス討論しよう”という動きがあった」などと饒舌。去り際に報道陣からの声がけに反応を示したものの、今月4日に大麻取締法違反(所持)で現行犯逮捕され、同14日に起訴猶予処分となり釈放された息子・中村俊太の話題を振られると踵を返し、稽古に向かった。

 舞台『僕たちの好きだった革命』は東京公演が5月19日〜31日に東京芸術劇場で上演、また6月2日より北海道・札幌教育文化会館を皮切りに全国9ヶ所で上演される。


 中村雅俊

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について