「羽をもがれた感じ…」毒舌芸人・有吉弘行がMCデビュー

キアヌ・リーブスの似顔絵を描いた有吉弘行  [拡大する]

キアヌ・リーブスの似顔絵を描いた有吉弘行 

■その他の写真はこちら

 お笑いタレントの有吉弘行が12日(日)、都内で行われたキアヌ・リーブス主演映画『地球が静止する日』(08年)とオリジナル版『地球の静止する日』(51年)の特別上映イベントで初めて司会を務めた。“毒舌キャラ”で再ブレイク中の有吉だが、商品の良いところを勧めなくてはならない役回りに「羽をもがれた」とイベント終了後にこぼした。

 人類に訪れる脅威を描いたハリウッド大作のDVDとブルーレイが、来月2日にレンタル開始及び発売されるのを記念しての2本同時上映会。同作のセールスレディにはお笑いタレントの柳原可奈子が任命され、ゲストとして登壇。おなじみの“ギャル店員”風にセールストークを展開したが、会場から購入希望者を募れず肩を落とした。

 柳原は「次回はもうちょっと違う司会の人がいいかな〜と思いました」と意思の疎通が図れなかったと有吉をチクリ。反論せず「司会を受けたことを後悔しております」と下を向いた有吉だったが、イベント後の報道陣のインタビューでは「ぶよぶよしてて毒がある。ブタみたいだから“ブタくらげ”」と柳原にアダ名を付け“本業”をしっかり全うしていた。


 猿岩石

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について