役所広司、監督第1作を撮り終え北野武らの重みを実感

第1弾『ガマの油』を撮り終えた役所広司監督  [拡大する]

第1弾『ガマの油』を撮り終えた役所広司監督 

■その他の写真ニュースはこちら

 俳優の役所広司が初監督した映画『ガマの油』の完成発表記者会見が26日(月)、都内で行われ、瑛太ら主要キャストが出席。原案・監督と主演をこなした役所監督は「北野(武)さんにしろ、クリント・イーストウッドにしろ大変だと思う」と現場を実感し、改めて“二足のわらじ”を履く先人たちに敬意を表した。

 苦境に立たされた家族がそれを前向きにとらえ、自分を見つめていくというテーマに役所監督は「ファンタジーな映画。明るい前向きな映画が作りたかった」。“自分にこんな息子がいたらいいな”という想いで瑛太を起用したそうで「親子(の役)なので、お互い“クセ毛”が似てるねって話をした」と笑いをさそった。

 会見では、同じく監督業をこなす俳優でライバルはいるかと聞かれた役所監督は「意識はないです。ライバルは誰とかは考える余裕がなかった」と冒頭のコメント。「準備してる時から大変だなって予測はしていたけど、監督って大変だと再認識した。仕上げでも、現場で頑張ってくれたみんなのために脂汗かきながらがんばった」と自らの“油”も振り絞ったと自信をのぞかせていた。

 会見にはほかに本作が映画初出演となるK-1ファイターの澤屋敷純一選手、ヒロインの二階堂ふみ、益岡徹八千草薫小林聡美が出席した。映画『ガマの油』は6月6日(土)より全国で公開。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について