山田花子、本業ピンチ!? イケメン放送作家との交際認めた

『よしもとプリンスシアター』の制作発表会見弐出席した山田花子  [拡大する]

『よしもとプリンスシアター』の制作発表会見弐出席した山田花子 

■その他の写真ニュースはこちら

 昨年、一部でイケメン放送作家との熱愛が報じられたタレント・山田花子が26日(月)、都内で行われた『よしもとプリンスシアター』(4月25日オープン)の制作発表会見で「出会いは3年前、4歳上の方です」と交際を認めた。吉本新喜劇の“相棒”である石田靖は「貰ったネックレスを見たまま舞台に登場しなくて困っている」と恋愛に心を奪われている乙女の一面を明かした。

 桂文珍、今いくよ・くるよら大御所芸人の隣で会見に参加した山田について石田は「花子の場合はここの劇場どころじゃない。頭の中はデートのことでいっぱいなんです」と口火を切り、さらに「(彼氏は)浅野忠信さんに似ている」と断言。これには山田も「隣接する水族館でデートをしたい。私、恋愛すると舞台がおろそかになりますね」と赤面しっぱなしだった。

 一方、本業でのまくらのように淡々と意気込みを語る文珍は昨今のお笑いブームに触れ「予算が少ないからお笑いが使われただけ」とバッサリ。だが、過去に不況下で数々のお笑いスターが誕生したことを振り返り「今は“未曾有のチャンス”だと思っています」と前向きなコメントを残した。なお、会見にはタカアンドトシブラックマヨネーズトータルテンボスNON STYLEも登場した。

 シアターはオープンから7月末までは『品川花月』として、漫才・コントのバラエティと新喜劇など舞台の2部構成でスタート。8月以降はストリートダンスミュージカルやコメディ芝居を中心に運営するという。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について