椎名桔平、“情けない男”に共感

映画『余命』のプレミア上映会舞台あいさつに出席した椎名桔平  [拡大する]

映画『余命』のプレミア上映会舞台あいさつに出席した椎名桔平 

■その他の写真ニュースはこちら

 俳優の椎名桔平らが21日(水)、都内で行われた映画『余命』のプレミア上映会舞台あいさつに出席した。医師としてバリバリ仕事をする松雪泰子演じる妻の代わりに家のことを任されている夫という役どころを演じた椎名は「情けない男っていうのもいいものなのかなぁと思いました」と“新境地”ともいえる役柄に共感した。

 結婚10年目にして待望の妊娠、同時に乳がんの再発を知った38歳の外科医が子供を諦めて治療に専念するか、がんの進行を早めたとしても子供を産むかで葛藤する姿を描いた同作。イベントは映画上映前に行われたが、最後のあいさつで椎名がストーリーについて触れ、まさかの“ネタバレ”発言。会場に集まった50名の妊婦から苦笑が漏れるという場面もあった。

 松雪と初共演で夫婦役を演じた椎名は「こういう役はあまりやったことがなく、“男はこうありたい”っていう昭和の時代に育ってきたので男が頑張らなきゃいけないと思っていました」と話すも、「女性が疲れて仕事から帰ってきたときに“ほっとする男性像”っていうのを求めてるのかなと思った。やってて自分も気楽でいいかなとか(思ったし)」と笑いを交えながら“主夫”役を演じて自分の価値観が変わったことを明かした。

 映画『余命』は2月7日(土)より全国で公開。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について