“上司”山下真司、KAT-TUN・中丸に熱い男気エール

■その他の写真ニュースはこちら

 特別高度救助隊の熱い想いや救出劇を描くTBS系ドラマ『RESCUE〜特別高度救助隊』の制作発表会見が21日(水)、都内で行われ、主要キャストが出席した。主演のKAT-TUN・中丸雄一らが演じるSR(スーパーレンジャー)候補生の訓練課長役を務める俳優・山下真司は、会見で中丸の方を向いて声を張り上げ「中丸クン! 君の代表作になるように頑張れよ!!」と“上司”らしく男気溢れる熱いエールで会場の視線を釘付けにした。

 横浜安全管理局の全面バックアップのもと、特別高度救助隊の隊員を目指して辛く厳しい訓練を積む「訓練編」と、実際の現場での熱い人命救助劇を描く「救助編」の2部構成で展開する同作。山下からの熱いエールに敬礼で応えた中丸は「そう言ってもらえたことが嬉しい」と感激するも「明日締め切りの(大学の)レポートがあるんですけど、心が折れました…」と学業と仕事の両立に苦労していると弱音モード。

 連日、体力勝負の撮影が続くことからSR候補生の間では口には出さないもののストイックな“筋肉対決”が起こっているようで、中丸は「増田(貴久=NEWS)と大東(俊介)クンは胸と二の腕の筋肉が“馬の足”にしか見えない」と太鼓判。一方の増田も「中丸クンも前より体がでかくなってるし、体に合った筋肉がついてると思います」と共演者同士、筋肉を通じて互いの“成長”を気にかけている様子だった。

 会見にはほかに山本裕典石黒英雄、浅利陽介、加治将樹、山田親太朗、市川由衣、笛木優子、西原亜希石橋凌、矢島健一、石黒賢要潤田中要次照英、高橋洋らが出席。新ドラマ『RESCUE〜特別高度救助隊』は24日(土)夜7時より2時間スペシャルで放送(2回目以降は後7:56〜)。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について