山本モナ、謹慎後初のラジオ生出演「お騒がせしました」

山本モナ[08年3月撮影]  [拡大する]

山本モナ[08年3月撮影] 

■その他の写真ニュースはこちら

 プロ野球選手との不倫騒動による謹慎が昨年末で解かれたタレントの山本モナが20日(火)、文化放送『大竹まこと ゴールデンラジオ!』(月〜金・後1:00〜)の火曜日のパートナーとしてレギュラー復帰した。謹慎解除以来、初の生出演となる番組では冒頭から「お騒がせしました」と反省の言葉を述べ、謹慎中に自分についての多くの報道を見ているうちに「怖い」という感情が生まれ、直接自分自身で発信できるブログへの関心も高まっていたことなどを話した。

 山本は昨年夏の不倫騒動を理由にメディア出演を控えていたが、同局は山本について、ラジオパーソナリティとして「得がたい優れた点を持っている」とし、復帰を「適当」と判断し、本日の番組出演となった。

 同番組のメインパーソナリティの大竹まことは、車で今日のスタジオ入りをした時の様子について、「物凄い数のフラッシュを浴びた」と、車内には山本が乗っているものと勘違いされたことを明かしつつ、その報道陣のカメラの数に驚いていた。なお、山本に「本当に反省してる?」と聞くと山本は「はい」と返事を返していた。

 また山本は、謹慎中の様子について「半年間のうち何か月かは何もできず、ただ考え込んでいました」と話し、客観的に自分のことが報道されているのを聞いて、自分自身とメディアの中での自分が乖離していくのを感じた、と吐露。そんなメディアの作用に「怖い」という気分が生じていたことも明かし、自分自身で直接発信しコミュニケートできるブログの力を改めて実感した様子だった。

 さらに謹慎中に「少し(身体が)ぷよっとしてきました」と太ったことも告白した山本だが「これからは反省をふまえて頑張りたいと思います」とレギュラー番組復帰に意気込みをみせた。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について