藤田志穂が“ギャル社長”を辞任 今後はエコ活動に注力

“ギャル社長”を辞任した藤田志穂[07年8月撮影]  [拡大する]

“ギャル社長”を辞任した藤田志穂[07年8月撮影] 

■その他の写真ニュースはこちら

 19歳で起業したギャル社長として知られ、sifowとして歌手デビューも果たした藤田志穂が、自ら設立したシホ有限会社G-Revoの代表取締役を辞任したことが25日(木)わかった。同日付で社名を有限会社SGRに変更し、副社長を務めていた西本ひろ美氏が代表取締役に就任。藤田は“ギャル社長”を引退し、農業をはじめとしたエコ活動などに従事するという。

 藤田は24日付の公式ブログで「自分の夢を最大限に実現する」その目標の為にもっと時間を費ゃして幅広ぃ世界を勉強したぃとゅー事で悩んでいた中、今まで副社長としてぁたしを支え続けてくれたひぃちゃんが「志穂、自分自身が本当にやりたい事をゃりなょ」と言ってくれました(※原文ママ)」と経緯を説明。

 現在は“食”問題に興味があるようで「ぁたしはまだ勉強中な事ばかりですが、今まで活動してきた中でぁたしが学んだ事や経験してきた事を、次の世代の若者に伝えてぃく事が、今までぉ世話になった方ゃ支ぇてくれた方達への恩返しに繋がっていけばぃぃなぁ。と勝手ながら思ってぃます」と綴っている。

 なお同日、同社より「藤田志穂が引退!! ついに結婚か?」というFAXが報道関係者に送られたが、タレント活動は引退せず結婚の予定もないそうで、関係者によると今後の具体的な活動は「特に決まってない」という。

藤田志穂も登場!『ギャル研究所』


 藤田志穂

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について