トヨタ「iQ」、発売1ヶ月で累計受注台数約8000台を達成

発売1ヶ月で累計受注台数約8000台を達成したトヨタの「iQ」  [拡大する]

発売1ヶ月で累計受注台数約8000台を達成したトヨタの「iQ」 

■その他の写真ニュースはこちら

 トヨタは22日(月)、11月20日に発売を開始した新型車「iQ」の累計受注台数が、19日までに約8000台になったことを発表。同車は2008年の『グッドデザイン大賞』『日本カー・オブ・ザ・イヤー』などを受賞している。

 景気不安で買い控えが進む中、月間販売目標台数(2500台)の3倍以上の数字を達成した同車は、全長が3m未満でありながら4人乗車が可能なコンパクトカー。計9個装備されたSRSエアバッグに代表される高い安全性、優れた燃費性能などを特長としており、10月15日の発表以降各所で話題になった。また、トヨタは同車発表時に「日欧同一の車名とし、2009年初より欧州での販売を開始する」と述べていた。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について