橋下知事、キアヌ・リーブスに「霞ヶ関ぶっ壊して!」

大阪府庁を表敬訪問したキアヌ・リーブス  [拡大する]

大阪府庁を表敬訪問したキアヌ・リーブス 

■その他の写真ニュースはこちら

 俳優のキアヌ・リーブスが19日(金)、大阪府庁で橋下徹・大阪府知事を表敬訪問した。ハリウッド俳優が府知事を表敬訪問するのは史上初。新作映画『地球が静止する日』では、人類を破壊し地球を守る宇宙人を演じるキアヌ・リーブスだが、それに引っ掛けて橋下知事は「私が対峙する霞ヶ関をぶっ壊して欲しい!」と、まさかの“共闘”を呼びかけた。

 16日に来日したキアヌはこの日、新幹線で大阪入り。ハリウッドスターを生で見た知事は「カッコ良すぎる! 隣に立ちたくないですよね〜」と満面の笑みで大絶賛。「1回来て頂くだけで、5年分のPR効果がある。もう予算をつけなくてもいいですね」と話し、最後には伝統工芸品の大阪欄間(彫刻額)と特注で作られた浪華本染めゆかたを贈った。

 スペシャルなゲストにご機嫌の知事は、この日も“舌好調”。共闘の呼びかけには「アドリブで言いました。140年ある中央政府の歴史に幕を下ろさせたい」とコメント。また、以前より食文化や街並みを気に入り、お忍びで大阪に遊びに来るというキアヌに報道陣から「大阪PR大使就任の可能性は?」との問いには「めっそうもない。予算1年分を使っちゃうよ!」と笑わせていた。

 関係者によるとキアヌは夕方に兵庫・西宮でのイベントと舞台あいさつを行いそのまま日帰りで東京へ戻り、明日離日する予定だという。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について