エド・はるみ、桑田真澄氏から「来年は勝負の年!」ギャラ上げ促される

エド・はるみ  [拡大する]

エド・はるみ 

■その他の写真はこちら

 タレントのエド・はるみが『平成20年度ゆうもあ大賞』を受賞し10日(水)、都内で行われた表彰式に出席した。エドは年末恒例の“表彰モノ”で『流行語大賞』『DIMEトレンド大賞』の3冠を達成。同大賞を共に受賞した元プロ野球選手の桑田真澄氏から「3冠なら来年、勝負の年でしょ? ギャラ上げて貰った方がいい!」と百戦錬磨で駆け抜けた一流選手らしいアドバイスを受けたエドは、恐縮しきりだった。

 ゆうもあくらぶ理事長の大村崑から賞状などを贈られたエドは「芸人として嬉しく“コー”ふんしています。今年はまさに“感謝”の1年。唯一笑えるのは(24時間テレビの)マラソン後に太っティン“グ〜”したことですね」とあいさつ。隣に立っていた大のお笑いファンだという俳優・水谷豊から「生でギャグを見れて感激しております」と喜ばれると、「こちらこそとっても嬉しい!」とコメント。最後には桑田氏に「ご自分を捨ててください」と促しながら3人でエドの決めポーズ「グ〜」で締めていた。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について