桜塚やっくん“性転換”でキャラ封印、俳優名義で心機一転

桜塚やっくんのキャラを封印した俳優・植田浩望  [拡大する]

桜塚やっくんのキャラを封印した俳優・植田浩望 

■その他の写真はこちら

 お笑いタレント・桜塚やっくんのキャラを封印した俳優・植田浩望が5日(水)、都内で行われた映画初主演作『鎧 サムライゾンビ』の完成披露試写会に出席した。俳優名義で初めて公の場に登場した植田は「性転換しました」と喜びを爆発。しかし「今悩んでるのが、キャラの立ち位置」とキャラ設定に悪戦苦闘していることを明かした。

 禁断の土地に足を踏み入れ、落武者=サムライゾンビたちの封印を解いてしまった次郎(植田)らが生き残りを掛けて奮闘する様を描いた同作。スッピン姿で現れた植田は「とうとうスッピン披露で、肩の荷が下りたかな」と“性転換”に爽快な笑み。報道陣からも素顔は好評で「元々俳優志望だったので、念願が叶って幸せ」と頬を緩ませた。

 今後は「お笑いも奥が深いので」とやっくんとしての活動も並行して行っていくことを報告。ただ素顔解禁を機に「もう(セーラー服といった)服装にこだわらなくていいので、堂々とチャレンジできる」と芸の肥やしになることに胸を膨らませ、「やっくんとしては“植田浩望”はライバル。別人格なので」と相乗効果を狙う構えをみせた。

 また会見には共演者の夏目ナナいしだ壱成も同席。植田とラブシーンに臨んだという夏目は「映画のラブシーンは初めてだったけど、気持ち良かったです」とフェロモン全開。誤解を生みそうな発言に植田は「気持ちいいってちょっとぉ〜!」と、やっくん口調で思わずツッコミを入れる一幕もあり、自ら悩みを明かしたキャラの確立にはまだ時間がかかりそうだ。

 映画『鎧 サムライゾンビ』は来年新春公開。


  桜塚やっくんいしだ壱成

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について