ジャガー横田、2人目の子供について「月のモノがあるうちは頑張る」

ジャガー横田  [拡大する]

ジャガー横田 

■その他の写真ニュースはこちら

 プロレスラーのジャガー横田と医師の木下博勝夫妻が1日(水)、都内で法的トラブルの情報サービス機関『法テラス一日PR大使』のお披露目イベントに出席した。トラブル解決の模擬相談を行ったジャガーは「彼は言葉の暴力多くてDV。明日でも連絡する!」と語ったが、「2人目の子供は?」の記者からの質問には「月のモノがあるうちは前向きに頑張りたい」と、さりげなく夫婦円満をアピールしていた。

 イベントでは、実際のトラブルの解決法を聞いた木下が「これで雑学王になってクイズ番組に出演できそう!」と思わぬ“収穫”に大喜び。その後「でも、病気の相談は僕にして!」とお調子者らしいコメントをするとジャガーから、「だからうるさいんだよ!」と愛のムチ。ただ、最近は長男・大維志くんへの“悪影響”を恐れて、手を出すこと自体は控えているそうで、「愛情表現なんだけどね…」と言いつつ、一瞬の隙をついてまたも“公開キス”をしていた。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について