吉本興業がぴあ、デジタルガレージと業務提携で『チケットよしもと』

エド・はるみ  [拡大する]

エド・はるみ 

■その他の写真はこちら

 吉本興業が9月30日(火)、新規顧客サービス発表記者会見を都内で行い、同グループが主催するイベントのチケット販売業務で『ぴあ』と、会員組織管理業務において『デジタルガレージ』と提携することを発表した。また同会見の司会進行を務めたお笑いタレントのエド・はるみは今後の抱負を聞かれると「紅ハグゥ〜!(白)を目指して頑張りたい」と仰天告白で会場を沸かせた。

 今まで地域密着型で劇場毎に販売・顧客管理システムを構築・導入してきた吉本興業は、チケット販売システムにおいてノウハウのある『ぴあ』と業務提携し、チケット販売サービス『チケットよしもと』をスタートすることを発表。全てのイベントチケットを全国レベルで横断的に提供できる新サービスで、観客動員の拡大を図る。また、チケット販売に伴う会員組織管理は『デジタルガレージ』のシステムを活用することにより、全社共通で顧客の販売情報を管理できるコミュニティサイト『よしもと友の会』を発足。お気に入りの芸人や劇場の関連情報を手軽に入手することを可能にする。吉野伊佐男代表取締役社長は「一本化にすることで簡潔になる」と新体制に自信をみなぎらせた。

 会場にはエドをはじめ、世界のナベアツペナルティのヒデら芸人が多数登場し、新サービスの門出を祝う大善利を実施。コミュニティサイトの導入により、人気が数字として顕著に現れるため、ナベアツは「ガンガン上位を目指して、"3位"を目指します」とお馴染みのアホ芸で盛り上げ、エドは「グーグー Sunバ!」でCDデビューを果たしていることから「紅ハグー!(白)を目指します」とさらなる高みを目指すことを誓っていた。

 『チケットよしもと』は10月1日(水)よりサービススタート。コミュニティサイト『よしもと友の会』は同日より登録受付を開始する。

今月の写真ニュース一覧をみる

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について