小西真奈美が小児医師役に挑戦! 医療制度が抱える問題点を浮き彫りに

■その他の写真はこちら

 女優の小西真奈美が、10月スタートのテレビ朝日系ドラマ『小児救命』で敏腕小児医師役に挑むことが、1日(月)わかった。過酷な小児救急医療の現場を舞台に、現代の医療制度が抱える問題点を浮き彫りにするヒューマンドラマに小西も「年齢を重ねて、社会の制度や問題に興味が湧いてきた今だからこそ演じていける役だなと感じています」と意気込んでおり、女優としてのターニングポイントとなる作品と位置付けているようだ。

 小西演じる主人公・青山宇宙(そら)は、大規模病院の小児科に勤務していたが、小児科縮小へと向かう運営方針に反発し、自らが理想とする小児病院を立ち上げる熱血医師。小西は、自身が演じる宇宙について「天真爛漫で明るい女性。そして“子供たちを助けたい”という芯がブレない小児医師です」と分析。「でも、その強さは過去に大きな痛みを背負っているからこそ得た強さ。その強さを表現するためにも温度を持って人と向き合う先生として演じていきたい」と作品にかける想いを熱く語る。

 近年、小児科医不足は医療現場で深刻な問題となっており、大規模病院でも小児科の閉鎖が行われている。番組プロデューサーの中込卓也氏は「決してきれいごとだけを並べるのではなく、過酷な医療の現場をリアリティを大切にし描きたいと思っています。小西さんにはまさに体当たりの演技を期待しています」と語り、現在の医療現場で起こっている実態を描くという。

 脚本は『星の金貨』(日本テレビ系)、『砂の器』(TBS系)など、リアルな人間模様を打ち出した作品で高い評価を得ている龍居由佳里氏が担当。共演には、小西演じる宇宙の恋人で、同じ小児医師・狩矢俊介役の塚本高史、宇宙を陰ながらサポートする先輩医師・柾陽介役の陣内孝則らが脇を固める。

 医療問題だけでなく、家庭問題にも強い関心があるという小西は「小児患者の家庭環境もちゃんと描いていく作品に参加できることに意義を感じています。撮影現場でも、その瞬間ごとに感じている気持ちを話し合いながら、よりリアルに作っていければと思っています」と、同作を通じて医療制度が抱える問題を世間に認知させていくことを誓っていた。

 ドラマ『小児救命』は10月より毎週木曜日、夜9時より放送開始。

今月の写真ニュース一覧をみる

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について