大塚キャスター、モナ不倫騒動に辛らつコメント「仲間として怒り感じる」

■その他の写真はこちら

 先週より放送がスタートしたフジテレビ系『サキヨミ』(日曜夜10時〜)のキャスター山本モナの不倫騒動に、同局『めざましテレビ』の大塚範一キャスターは、11日(金)の同番組内で辛らつにコメント。「キャスターとして軽率」「同じ仲間として怒りのようなものを感じる」などと、神妙な顔つきで語った。

 『めざましテレビ』の先週の放送には山本モナが生出演。大塚キャスターの横で新番組『サキヨミ』でのキャスター抜擢についての意気込みなどをアピールした。大塚キャスターはそのことに触れ「バラエティなどの活躍で、新たな魅力も再認識していた。今回のキャスターとしての新番組に私たちも期待していた」と発言。しかし「その1回目の放送(『サキヨミ』)の夜にまた同じ過ちをするなんて、キャスターとしては軽率」と話し、同業者としての怒りの気持ちもあらわにした。

 山本モナは、プロ野球選手との不倫関係を10日(木)発売の一部女性週刊誌に報じられ、同日に所属事務所がFAXで山本に謹慎を命じたことなどを明かし、当分の間、全てのテレビ局の番組出演についても同様の処置をとることが発表された。

今月の写真ニュース一覧をみる

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について