八田亜矢子、無断欠席騒動後に自身の“進退”を考えていた

現役東大生タレントの八田亜矢子[08年6月撮影]  [拡大する]

現役東大生タレントの八田亜矢子[08年6月撮影] 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 19日放送の日本テレビ『ラジかるッ』を無断欠席し、波紋を呼んでいた現役東大生タレント・八田亜矢子が25日(水)にブログを更新。「私にこの仕事を続ける資格はあるのかなとか、よくわからなくなったりもしました」と一時は自身の“進退”を真剣に考えていたと思われるコメントを綴っている。

 騒動後にファンから多くのコメントをもらったという八田は「今回は相当、皆さんに励ましていただきました。ホントにホントに、ありがとう」と礼を述べるとともに、改めて「今回のことはね、もう自業自得としか言えない、とても恥ずべきことだと思ってます」と謝罪した。

 また「正直ね、私の中途半端な気持ちが招いたことだったのかなとか、私にこの仕事を続ける資格はあるのかなとか、よくわからなくなったりもしました」と今後の活動について大いに悩んだことも告白している。

 だが八田は「やっぱりお仕事楽しいし。大好きだし。応援してくださる方々がいるし。できる限りやってみようと思いまっす!!」と奮起。「今回皆さんからうけた御恩は、これからお返ししていくからね 落ち込んでても何も変わらないし!! これからの頑張りがお詫びになると思うので!!!」とし、今後の活躍を改めて誓っている。



CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について