注目の本格派バンド、ランキング初登場3位のDOESって?

■その他の写真ニュースはこちら

 6/30付のウィークリーシングルランキングで初登場3位にランクインした「曇天(どんてん)」。歌うのはスリーピースロックバンドのDOES(ドーズ)で、「曇天」がアニメ『銀魂』(テレビ東京系)のオープニングテーマとしてオンエアされていることもあり、インターネットの掲示板などではアニメファンを始めとして「「曇天」をみんなで盛り上げよう」という声も上がるほどの人気ぶりだ。

DOESは、2000年にボーカル、ギター担当の氏原ワタルを中心に結成。福岡を中心に音源制作やライブ活動を行い、2003年にベース・赤塚ヤスシ、ドラム・森田ケーサクが参加し、現メンバーに。その後2006年9月6日、デビューシングル「明日は来るのか」でメジャーデビューし、「曇天」が6枚目のシングルとなる。

その「曇天」は、アニメ『銀魂』のSF時代劇の世界観とのハマリ具合がインターネット上で話題を呼び、発売前にもかかわらず、動画サイトでは多くの再生回数を記録。着うたフル(R)でも高ダウンロード数をカウントするなど人気だ。

6月下旬から始まる「曇天」を引っさげたツアー『曇天の道』は全公演がソールドアウト。早くも追加公演が決定するなど、ファン層も拡大している彼ら。これからの活躍が期待されるバンドだ。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について