妻が財布の紐を握るワケ


■世代別の調査結果はこちら

 「うちはお小遣い制だから・・・」というお父さんたちのボヤキを耳にすることがあるが、世の中の一般家庭とカップルにおいては、家計やお小遣いといった財布の紐を誰が握っているのだろうか? オリコンでは20代から40代の働く男女にアンケートを行ったところ55.9%が【妻/彼女】と回答し、【特にどちらも握ってない/財布は別々】が29.3%、【夫/彼氏】は14.8%という結果に。「夫は使いすぎるので」などの声が目立ったことから、男性の散財ぶりに「任せておけない!」と思う女性が多いようだ。

 【妻/彼女】が握っているという女性の回答を見てみると、「夫はお金の無駄遣いをたくさんするので」(富山県/20代/女性)、「夫はお金があればあるだけ使ってしまうので」(埼玉県/30代/女性)など、男性の良く言えば「羽振りの良さ」、悪く言えば「無駄遣い」が要因という女性が少なくない。また「食費や生活費を管理しているから」(栃木県/40代/女性)など、生活の切り盛りをしている女性が管理した方がスムーズといった声も寄せられた。

 男性の意見としては「自分で管理するのが面倒だから」(長野県/30代/男性)という声が寄せられたほか「自分だと使ってしまうし、貯金しない」(愛知県/40代/男性)こともあり「任せた方が安心だから」(兵庫県/20代/男性)ということのよう。女性の方が財布の紐を締めることができるので、女性が家計を握るという結果につながるのかもしれない。

 一方【夫/彼氏】では「お金を渡すと自由に使えなくなってしまうから」(新潟県/40代/男性)と、自由にお金が使えなくなることへの危機感から自分が管理しているという人もいて、女性に管理されてしまうとなかなか好きなようには使わせてもらえないと感じている男性も少なくないようだ。

 また、結婚していない人の多くは「結婚しているわけじゃないから、お金の管理は各自でしている」(東京都/30代/女性)ということで【特にどちらも握ってない/財布は別々】と回答する人が多数。結婚している人では「共働きで子供がいないので各自で管理」(東京都/40代/女性)や「お互いが働いていて、縛られたくないから」(兵庫県/30代/男性)と共働きの夫婦は別々に管理しているという人が多かった。

 各家庭やカップルそれぞれにいろいろな事情があると思うが、ガソリンや食品の値上がりが続くなど家計に負担が掛かるなか、財布の紐をしっかり締めるのは女性のほうが適任ということがいえるのかもしれない。お父さんたちには厳しい時代が続きそうだ。

(2008年5月29日〜6月2日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員で、会社員(事務系/技術系/その他)、公務員、経営者・役員、契約社員・派遣社員の20代、30代、40代の男女、各100人、合計600人にインターネット調査したもの)


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について