神をも恐れぬテキトー男・高田純次が独自の“テキトー論”を展開

■その他の写真はこちら

 日本一の“テキトー男”の異名をとるタレントの高田純次が18日(水)、都内で行われたDVD『クリミナル・マインド』のテレビCMの公開撮影に出席。撮影中も、いつもと変わらず“テキトー”にこなした高田だが「“適当な男”というのは“適切な男”とも言える。単語ひとつで印象も違うでしょ?…まぁ、これもテキトーだけどさ」と愛すべき“テキトー論”を展開し、報道陣を呆れさせた。

 今作は、犯罪者の心の奥底を読み解き、その行動を予測分析する米FBIのプロファイラー軍団の活躍を描いたサスペンス作。CM撮影前に事前にDVDを鑑賞したという高田は「いやーよく出来てますよ。実は3、4話に僕も出演していてね…自転車の役だけど」と、まずは軽く“テキトー・ジャブ”でけん制。

 さらに、現在61歳の高田に、報道陣から若さの秘訣を尋ねられると「いやいや、年相応ですよ。80、90歳でビンビンだったらタマンナイよー。この間、朝起きたら布団が“浮き上がって”いて、喜んでたら右足の膝を立てていただけだったよ」と下ネタで一蹴した。

 たまらず報道陣から「相変わらず“テキトー”ですねぇ」と突っ込まれた高田だが、「いや、アナタはそういうけど、“適当な男”というのは“適切な男”とも言えるんだよ…あれ? 違ったかな。まぁいいか」と最後まで“テキトー語録”を炸裂しまくり、会場を独特の笑いに包んだ。

 DVD『クリミナル・マインド』は8月6日(水)より販売&レンタルが開始。

■オダジョー、新垣、沢尻エリカ・・・気になる人気者の動向をひと目でチェック!

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について