戸田恵梨香に冬柴大臣デレデレ「こんなベッピンが生まれるなんて」

■その他の写真はこちら

 女優の戸田恵梨香が16日(水)、環境に優しい鉄道貨物輸送に表示される『エコレールマーク』のイメージキャラクターとして、東京・霞ヶ関の国土交通省で冬柴鉄三国土交通大臣を表敬訪問した。戸田の出身地・兵庫県から冬柴大臣は選出されたとあって地元トークに花が咲き「兵庫県にこんなベッピンが生まれるなんてね〜」と戸田の魅力にすっかりハマッた様子だった。

 少し緊張した面持ちで挨拶に訪れた戸田に、冬柴大臣は「(阪神淡路大震災の)地震は経験したの?」と兵庫ネタで質問攻め。これに対し戸田は「幼稚園の年長の時に(震災を)経験しました」と神妙な面持ちで受け答え、さらに冬柴大臣の鉄道貨物輸送の重要性を問う話に真剣に耳を傾けていた。

 戸田は各企業に向けて、トラック輸送と比べて二酸化炭素排出量が約7分の1という鉄道貨物輸送へのシフトチェンジを呼びかける。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について