団塊世代の「会社に対する思い」、漢字一字で「忍」

■調査結果はこちら

 生涯学習の通信教育を展開、「流行語大賞」などの発表で知られる株式会社ユーキャンが、2007年に定年を迎えた団塊世代のサラリーマンを対象にアンケート調査を実施。これまで働いてきた会社への思いを漢字で表現すると「忍」と回答する人がもっとも多いことがわかった。

 ユーキャンは、1947年から49年生まれの団塊世代の既婚・子供のいる男性サラリーマン300名を対象にインターネット・アンケートによる意識調査を行った。その中で、「これまで働いてきた会社についてあなたの思いを漢字一字で表現すると」という問いに対してもっとも多かったのは、「忍」の字。「我慢の積み重ねだった」などのコメントが寄せられた。なお、2位は「楽」3位は「謝」と、楽しかった思い出、感謝の気持ちなどを理由にポジティブな言葉が続いた。

 また、団塊世代は、「団塊世代向け」と銘打った商品やサービスに抵抗を感じるかどうかを聞いたところ、約3割の人が「抵抗を感じてる」ことがわかった。「いかにも退職金目当てという気がする」などの意見が届いた。

調査概要:2007年に定年を迎えた1947年〜49生まれの既婚・子供のいる男性サラリーマン(公務員・自営業のぞく)300人にインターネット・アンケート。調査機関は08年2月23日〜3月2日




CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について