広告批評、30年の歴史に幕を閉じる

 テレビCM、雑誌広告などを大衆文化の視点から評価する雑誌『広告批評』が来年4月に発行される創刊30年記念号で休刊することが9日(水)わかった。近年、インターネットの台頭で広告界が再び大きな転形期を迎えたことで、その役目を終えたと判断したようだ。

 同誌は1979年に天野祐吉が主宰者となり創刊。過去には、映画評論家のおすぎらも寄稿していた。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について