年賀状キメフレーズ10傑「あけおめことよろ」は9位

■ランキング表はこちら

 新年を迎えて以来、毎朝、郵便ポストの中が気になってしょうがない、という人も少なくないのでは? IT化が進む中、年始の挨拶をメールで済ます人も増えているようだが、やはりポストに届く年賀ハガキには、メールとは違った温かみを感じるもの。オリコンが年賀状についての意識調査を行ったところ(07年12月に実施)、年賀状でよく使うキメフレーズ10傑が出揃った。1位は【あけましておめでとう】といたってシンプルな結果だったが、トップ10の中には【あけおめ、ことよろ】なども入っている。

 年賀状に使われる定番のフレーズには、【謹賀新年】と短くまとめた便利な言葉から、【A HAPPY NEW YEAR】と欧文で、フランクに挨拶するものなど、思いおこせば結構な数が浮かぶ。そんなよく使う言葉をアンケート形式で調べたところ、1位は【あけましておめでとう】、2位は【A HAPPY NEW YEAR】という結果に。似た言葉で比べると【謹賀新年】は3位だが、【恭賀新年】は10位という差がみられた。

 また、メールやチャットなどがきっかけで生まれた「あけましておめでとう、今年もよろしく」をまとめて短縮化した【あけおめ、ことよろ】も9位に入った。なお、この【あけおめことよろ】は、予想通り世代別ランキングでは順位にばらつきが見られ、40代では10位圏外。しかし、30代では9位、20代社会人でも8位にかろうじてランクインし、社会人の間でも使われていることがわかった。

(07年11月29日〜12月3日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、中高校生、専門・大学生、20代社会人、30代、40代の男女、各100人、合計1,000人を対象にインターネット調査したもの)



■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について