M-1王者サンドウィッチマン 史上初の敗者復活から逆転劇

見事“M-1王者”に輝いたサンドウィッチマン  [拡大する]

見事“M-1王者”に輝いたサンドウィッチマン 

■その他の写真はこちら

 結成10年以内の漫才No.1決定戦『M-1グランプリ2007』が23日(日)に決勝を迎え、サンドウィッチマンが史上初の敗者復活からの優勝を決め、優勝賞金1000万円と“漫才日本一”の称号を手に入れた。

 国籍、年齢、性別不問。7回目の今年は過去最高の4239組が参加し史上最大の笑いの祭典に。“常連組”の笑い飯POISON GIRL BAND千鳥、“初の決勝進出”となったダイアン、ハリセンボン、ザブングルの3組はファイナルで涙を呑んだ。最終決戦は6年ぶりの決勝進出で話題を呼んだキングコング、2年連続決勝進出のトータルテンボス、敗者復活組のサンドウィッチマンの3組で争われた。

 サンドウィッチマンは2005年、2006年と2年連続でM-1準決勝に進出した実力派。オール巨人に「完璧に近い。なんで彼らが決勝のこの舞台に敗者復活でなしに(最初から)残ってないのかなって思う」と言わしめ、決勝1回戦を1位で通過、その勢いのまま審査員投票4票を集め優勝を決めた。優勝の瞬間、ボケ担当の富澤たけしが相方のツッコミ担当・伊達みきおに抱きつき、伊達は「夢見心地です」と声を震わせた。

 また審査員には新顔として、大会委員長の島田紳助が自らお願いしたという上沼恵美子とオール巨人の大御所2名が参加。去就が注目されていた中田カウスが今年も名を連ね、去年審査員を務めた島田洋七は吉本興業退社の影響か今年は外れた。審査員はほかに松本人志ラサール石井、大竹まことの7名。また同日正午より東京・大井競馬場で行われた敗者復活戦には、麒麟オリエンタルラジオら57組が参加、観客5000人を動員した。

■ヒット曲満載&好評配信中!!
笑い飯 / POISON GIRL BAND / 千鳥 / トータルテンボス / 麒麟の着うた(R)/着うたフル(R)、ハリセンボンの着信メロディはこちら

■芸能・音楽・お笑い・流行りもの全て見せます!2007年エンタメ総決算!!

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について