『M-1グランプリ』直前! キンコン西野が有力視するダイアン

■その他の写真ニュースはこちら

 漫才の王者を決める『M-1グランプリ』の決勝戦に、6年ぶりに進出することになったキングコングの西野が、その決勝戦に残った他のメンバーの中に、応援したい同期の仲間がいることを明かし、複雑な心境を自身のコラム『西野公論』で語った。

 今回の『M-1グランプリ』には4239組がエントリーし、決勝進出を決めたのはキングコングのほか、ハリセンボン、POISON GIRL BAND、笑い飯ら8組。その中には、キングコングとNSC時代の同期、ダイアンの名前もあった。

「ダイアンはNSCの同期で、しかも同じクラス」「共に友達が作れなかった僕達はいつもキングコングとダイアンの4人で行動していました。お金が無かったので4人でタコ焼きを分けて食べたり、4人で芝居を観に行ったり、4人で忘年会もしました」と、同期の仲間が同じ決勝の舞台に立つことに、「感慨深い思いがある」と気持ちをあらわにした。

 ほかの決勝出演者に比べて一般的な認知度が高くないダイアンだが、そんなダイアンについて西野は、「手の内がまだバレていないダイアンは爆発する可能性を一番秘めているでしょう」と、かなり手ごわい相手となるのでは? という予想をしている。

 ライバルでもあり、応援したい同期の桜でもある“ダイアン”に対して、複雑な気持ちが入り混じっている様子が伺える。

 なお、最後には「月並みな言葉ではありますが、精一杯自分達の漫才をやってきます。それと、もう一つ。優勝してきますわ」と、自信のほどをうかがわせる言葉でコラムを締めくくった。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について