ジョン・レノン映画公開にオノ・ヨーコが“ピース”

オノ・ヨーコ  [拡大する]

オノ・ヨーコ 

 芸術家のオノ・ヨーコが9日(日)、元ビートルズで夫の故ジョン・レノンの人生を描いた映画『PEACE BED アメリカVSジョン・レノン』の映画舞台挨拶に登場。オノは「彼がどういう人間か、どういう事をしていたかを知っていただきたい」と呼びかけ、“ピース”サインを掲げた。

 ジョンの命日となる12月8日に封を切った今作の舞台挨拶会場には、平和を訴え続けた彼へ“ありがとう”の意味が込められた献花台を設置。オノが姿を現すと熱狂的なファンから「ヨーコ!」コールが沸き起こり、ジョン氏が発したメッセージ“WAR IS OVER!”のパネルが客席に埋め尽くされた。

 ジョンと世界平和を訴えていたオノは「2人では素敵な事をやっていると思っていたけれど、マスコミからバッシングを受けた時は悲観した」と苦悩の日々を告白。ただ「(映画の)出来上がりを観た時は泣きました。(内容はジョンの人生の)氷山の一角に過ぎないけれど、色んな事を思い出しました」と感慨深い様子で話し、「ジョンと一緒にいた時はいつも笑っていました」と幸せエピソードを振りまいていた。

■ヒット曲満載&好評配信中!!
ジョン・レノンの着うた(R)/着うたフル(R) はこちら

クリスマス特集『4週連続!クリスマス特大企画!!』
クリスマス特集『今年、貰いたいクリスマスプレゼント・ランキング大発表!!』

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について