うじきつよし率いるKODOMO BAND『北斗の拳』主題歌でCDリリース


写真を拡大する
特設サイト写真


『北斗の拳』ファン必聴!

 俳優をはじめ、司会やキャスターなど様々な分野で活躍するうじきつよしが、ギター・ボーカルを担当していた伝説のロックバンドKODOMO BANDが、19年ぶりにCDをリリースすることがわかった。

 KODOMO BANDは、1980年に『WE LOVE 子供ばんど』でデビュー。ヘルメットに小さなギターアンプを乗せてギターを弾くなどの奇抜なパフォーマンスと、そのテンションの高さとは裏腹のクオリティの高い演奏で人気を呼んだが、88年に活動を停止。その後、うじきつよしは、テレビ番組の司会や俳優などマルチタレントとして活躍するようになった。

 今回のKODOMO BANDOとしてリリースされる作品は、劇場版『北斗の拳』の主題歌「SILENT SURVIVOR(21st century ver.)/HEART OF MADNESS(21st century ver.)」で、12月26日(水)に発売される。

 タイトルからも察するとおり、本作は大人気アニメ『北斗の拳』第2期主題歌だった「SILENT SURVIVOR」と、同じく劇場版『世紀末救世主伝説 北斗の拳』主題歌「HEART OF MADNESS」を21世紀バージョンにアレンジしたもの。2曲目には彼らの名曲のインストゥルメンタル・バージョンやリミックスも収録される予定。

 ちなみにCDジャケットは『北斗の拳』に登場する主人公ケンシロウの最強の強敵(とも)ラオウとなっているので、KODOMO BANDはもちろん『北斗の拳』ファンにはたまらないアイテムとなりそうだ!

(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983, 版権許諾証EA-217

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について