東京駅のツインタワー11月6日、開業



写真を拡大する
『グラントウキョウノースタワー』の低層階には大丸が移転オープン


 東京駅八重洲側の再開発プロジェクト『東京ステーションシティ』の一環で、ツインタワーが完成し、11月6日開業を迎える。

 八重洲北口にそびえ立つのは『グラントウキョウノースタワー』。地下1階から地上13階に百貨店の大丸が入居。17階から42階までがオフィスフロアとなる。

 八重洲南口は、『グラントウキョウサウスタワー』。地下1階から地上2階に商業施設などが入り、地上5階から41階がオフィス。

 ツインタワーは、建築家ヘルムート・ヤーンをデザイン・アーキテクトに迎え、“光の塔”をデザインコンセプトに、高透過ガラスを用いたクリスタルデザインを採用。

 建物頂部には「ライト・ビーコン」と呼ばれる投光照明とLED照明が組み込まれており、夜間にはツインタワーの連動した光の演出が楽しめる。

 今後は旧大丸の建物を壊し、ノースタワーとサウスタワーを結ぶペデストリアンデッキ(歩行者専用)と、それを覆う膜構造の大屋根『グランルーフ』の設置など、?期工事を進行。2013年春に『東京ステーションシティ』のすべてが完成予定。1914年開業の東京駅が、100年越しで生まれ変わる。


丸の内側から赤レンガの東京駅舎越しに見た双子の超高層タワー


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について