「銀座は俺の原点!」“粋な男”獅童が銀座を語る

■その他の写真はこちら

 俳優の中村獅童が10月31日(水)、東京・松屋銀座で開催されている『銀座の若旦那が選ぶ「粋モノ」づくし』展(11月6日まで開催)に出席。幼い頃から銀座に通っていた獅童は、「銀座は俺の原点ですね!」と熱弁した。

 白の着物姿で登場した獅童は、会場に詰め掛けたファンからの大声援に笑顔で対応。「子供の頃から歌舞伎座に通っていたので銀座を歩いている大人を見てカッコイイなって憧れの目で見ていた」と銀座の印象について語った。

 今回のイベントは、銀座に店舗を構える老舗の若旦那たちが、こだわりの品を販売する催しで、獅童自身がデザインした財布や手ぬぐいも販売されている。これには「自分が思い描いていた物が形になるのは凄く嬉しいね」とニッコリ。

 司会者から自分にとって銀座とは? と聞かれた獅童は「銀座は俺にとって原点ですね。特に歌舞伎座は歴史があるし、身が引き締まる。ここがなければ中村獅童という役者は存在しなかった。今、なかなか“粋”という言葉が少なくなっているけど、大事にしたいね」と熱く語った。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について