実はクローン? ザ・たっちが兄弟喧嘩

■その他“ネタ”写真はこちら

 カナダ発のバイオサスペンスドラマ『Re:Genesis リ・ジェネシス』の宣伝部長にザ・たっちが就任。それを記念した試写会が8月23日(木)に都内で行われ、たっちの2人が双子ならではの悩みを告白した。

 DNA鑑定で99.999 999 999 999 2%が一致するという結果を持つ2人。「実はクローンじゃないかと悩んでるんです」という兄・たくやに対し弟・かずやは、ウイルス感染やクローン問題をとりあげた本作を「クローン代表で宣伝します!」と大ハリキリ。

 「僕が病気になったらクローンのたくやから臓器をもらったり」とかずやが話すと「えっ!? かずやがクローンなんじゃないの?」とたくやが反論し兄弟喧嘩が勃発。そこへ司会者から「どちらかが感染したら?」という質問されると「ピンのネタを考えます」と即答するかずやに、たくやは「切り捨てるの早いよ・・・」としょんぼり。相方を助けるかの質問には「・・・・・・そうですね」と声を揃え「無理はせずに」(かずや)、「双子でやっていきたいですね」(たくや)と微妙な空気が流れた。

 そんな2人も、最後にはお得意の“おすぎとピーコ”のモノマネで「『Re:Genesis』を観なさい!」と息ピッタリでPRしていた。

 DVD『Re:Genesis』は8月24日(金)よりレンタルスタート。9月19日(水)からはDVD BOX(5枚組)が発売される。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について