秋川雅史、ミリオン達成も「電車通勤し続けます」

■その他の写真はこちら

 クラシック歌手の秋川雅史が8月22日(水)、都内でクラシック歌手史上初のミリオンセールス達成を記念する表彰式に出席。所属レーベル・テイチクエンタテインメント西山千秋社長とオリコン小池社長から表彰状とトロフィーを受け取り、「この上ない喜び」と感謝を伝えた。

 国民的楽曲となった「千の風になって」は、昨年5月24日の発売以来約1年半をかけて今年8/20付オリコンシングルランキングで100万枚を突破。J-POP以外のジャンルでは大泉逸郎「孫」以来7年2ヶ月ぶり、クラシック歌手としてはアルバムを含めても史上初の快挙に秋川は「クラシックというジャンルはなかなか受け入れられないと思っていた」と本音をのぞかせた。

 また「歌い手にとって自分の歌う楽曲が多くの人に伝わっていくことは、この上ない喜び」と自身のヒットを表現。もはや国民的歌手となった秋川だが、実は生活環境への変化は特にないそうで「まだ電車に乗ってます。駅まで歩いて電車に乗る、このスタイルを変えないことが大事なんです。両親からは『謙虚でいろ』と言われ続けてます」と、真摯な一面も見せた。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について