欽ちゃん見事70キロ完走!「泣けちゃった・・・」

5月27日に行われた会見での萩本欽一  [拡大する]

5月27日に行われた会見での萩本欽一 

 日本テレビ系で放映された『24時間テレビ 30 愛は地球を救う』(8月18日午後6時30分から19日午後8時54分まで放送)で、番組史上最高齢の66歳でチャリティーマラソンランナーを務めた萩本欽一が19日(日)午後9時5分、スタート地点から日本武道館までの70キロを完走した。

 惜しくも同番組の放送時間枠内のゴールとはならなかったが、その模様は直後の『行列のできる法律相談所』の番組内で生中継された。欽ちゃんファミリーをはじめ、会場を埋め尽くした人々の大歓声に迎えられた萩本は、足元がふらつきながらも自らの足でゴールを踏みしめた。

 直後、スタート時にスターターを務めたコント55号の相方・坂上二郎と手をとりあい「泣けちゃった・・・幸せだよな」と笑顔で語った。会場では坂上の音頭で万歳三唱が行われ、番組パーソナリティーの黒木瞳は「たくさん感動を頂き、ありがとうございました」と感極まった。また、タカアンドトシは「すごい物を見させてもらいました」(トシ)、「僕も欽ちゃんみたいになりたいです」(タカ)とコメント。芸人の大先輩の偉業に敬意を表した。

■ヒット曲満載&好評配信中!!
番組パーソナリティーを務めたタッキー&翼の着信メロディはこちら

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について