K-POPスターが大集合『M countdown in Japan 2007』

■その他の写真はこちら

 韓国総合エンタメ番組『Mnet』がケーブルテレビJ:COMで放送開始されたのを記念したイベント『M countdown in Japan 2007』が8月5日(日)、東京国際フォーラムで開催された。シン・スンフン、M(イ・ミヌ)、SS501(ダブルエスゴーマルイチ)など豪華な顔ぶれが揃い、5000名の招待客を熱狂の渦に巻き込んだ。

 M(イ・ミヌ)の「Showdown」でスタート。中盤では、韓国でも人気のSuper Junior(スーパージュニア)が登場し、黄色い声援が飛んだ。今回は13名中9名が来日。1人ずつ日本語で挨拶をし「Miracle」を含め3曲を熱唱した。今月日本でのライブが決定しているシン・ヘソン、国民的グループgodの元メンバーのソン・ホヨン、人気上昇中のPARAN(パラン)、BIGBANG(ビッグバン)、F.T.island(エフティーアイランド)も駆けつけると、ファンのボルテージは最高潮に。

 後半では、日本デビューシングル「Kokoro」が8/13付オリコンシングルランキング初登場10位を記録したSS501が、サプライズゲストとして登場。ジョンミンは「楽しんでますか? 盛り上がってますか?」と流暢な日本語で呼びかけ、カップリング曲「BE A STAR」を披露した。

 “バラードの皇帝”シン・スンフンは日本でも大ヒットした映画『猟奇的な彼女』の主題歌「I Believe」含む3曲をしっとりと歌いあげ、会場は色とりどりのペンライトで幻想的な空気に包まれた。フィナーレでは、出演者全員がステージに登場。シン・スンフンが「今日、韓国の音楽を愛してくれている皆さんに会え、目の前で歌えて、私と私の後輩達はとても幸せでした。これからももっと頑張ります」と感謝の気持ちを伝えた。

 今回の模様は『Mnet』にて8月9日(木)日韓で同時放映。『M countdown』は最新のK-POPチャートをアーティストのライブ形式で放送するMnetの看板コーナー。今回のMCは日本でもお馴染みのユンナが日本語を、韓国語はSuper Junior(スーパージュニア)のイトゥク、カンイン、シンドンが担当した。

■ヒット曲満載&好評配信中!!
シン・スンフンの着信メロディ はこちら

SS501の着信メロディ はこちら

シン・ヘソンの着信メロディ はこちら

ユンナの着信メロディ はこちら

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について