2008年大河ドラマ出演者発表!“新妻”宮崎あおいが家族観を語る

2008NHK大河ドラマ主演の宮崎あおい  [拡大する]

2008NHK大河ドラマ主演の宮崎あおい 

■その他の写真はこちら

 宮崎あおい主演の2008年NHK大河ドラマ『篤姫』の会見が6日(月)に東京・同局で行われ、新たに瑛太長塚京三高橋英樹といった出演者が発表された。

 6月に高岡蒼甫と入籍した宮崎は昨日5日(日)に行われた柴咲コウの初ライブに夫婦そろって顔を出したものの、結婚してから公の場に現れたのは初めて。左手薬指には指輪がきらりと光り「毎日ドキドキして撮影を待っています。お茶や日本舞踊、所作を習っていて充実した毎日を送っています」と近況を報告。

 徳川第13代将軍・家定の御台所、篤姫を中心に女性視点から初めて描かれた今作。長塚と樋口可南子らと演じる家族について「この両親がいたから(篤姫は)伸び伸びとしていられるのだと思う。見ていていいなと思う家族、温かい家族になっていけたらいいなと思う」と自分にもなぞらえるかのように語ったが、新婚生活に関する取材陣からの問いかけにはノーコメントだった。

 大河ドラマ初出演となる瑛太は「(演じる)小松帯刀は幕末から明治にかけて活躍したと知り、勉強しました。インターネットで検索したら焼酎が出てきて、一升瓶2本購入して呑むことから始めました」。8回目の大河出演となる高橋英樹は「全ての想いを込めて取り組んでいきたい」と気を引き締めた表情で語った。

 今回発表された出演者は瑛太、小澤征悦、原田泰造、長塚京三、樋口可南子、岡田義徳、春風亭小朝、佐々木すみ江、沢村一樹、ともさかりえ、榎木孝明、的場浩司、真野響子、山口祐一郎、長門裕之、涼風真世、平幹二郎、高橋英樹。次回のキャスト発表は秋以降を予定し、堀北真希の名前が早くも挙がった。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について