『ぴあ』の表紙を描き続けて、ギネス記録!

■その他の写真はこちら

 エンタテインメント情報誌『ぴあ』の表紙イラストを手がける及川正通氏が「同一雑誌の表紙イラスト制作者として世界一長いキャリア」としてギネス世界記録に認定されたことが14日(火)、分かった。同誌公式サイト上で発表した。

 1972年7月に創刊した同誌の表紙イラストを75年9月から担当している及川正通氏は、31年11ヶ月間、1175号にわたり(8月14日現在)1号も休むことなくイラストを描き続け、この連続制作期間がギネス記録の対象となった。

 同誌の表紙といえばこのイラスト! と言われるほど、及川氏のタッチは世間に浸透している。31年間、その時代の話題の著名人をとり上げ続けてきた表紙のイラストは、そのままエンタテインメントの歴史を物語る。

 公式サイトでは「僕流のパロディーで時にはいたずらが過ぎてお叱りを受けたり、アイドルの結婚を描いたり、肖像権の問題で後向きに描いたり、オリンピックを8回体験したわけですからそれなりの時代の変化がありました。そんな浮世の流れを描き続けて来られたのはイラストレーターとして大変幸運なことです」と、及川氏がギネス認定の喜び、また、多くのファンへの感謝と今後への意欲をコメントしている。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について