KDDI×Google提携サービス第2弾の中身は?

■その他の写真はこちら

 KDDIは9月下旬より、au携帯電話のインターネットサービス「EZweb」とPC向けのインターネット接続サービス「DION」、そして携帯のためのPC向けサイト「DUOGATE」を統合し、携帯とPCを一体化した新ポータルサイト「au one」の提供を開始する。また同サイトの中で展開される新メールサービス「au one メール」についてもあわせて7月30日(月)、都内で記者発表会が行われた。会見にはKDDI取締役執行役員常務 高橋誠、グーグル代表取締役社長 村上憲郎氏、Google Inc. ダン スティッケル氏が揃って出席した。

 ポータルサイト「au one」はau携帯電話、PCともに同一のメニューをわかりやすいビジュアルで表示し、知りたい情報やコンテンツなどに、視覚的にも操作的にも容易にアクセスが可能。さらにリモコン型のユーザーインターフェイスの採用により、様々なコンテンツに携帯、PCの数字キーで直接アクセスすることができる。

 また同サイトにおいて提供される「au oneメール」はGoogleの「Gmail」を活用したもので、KDDIとGoogleの提携サービス第2弾となるが、こちらは大容量(2GB)のメールを保存できることと、Googleの検索技術を活用し、すべての送受信メールをキーワードで高速検索できるのが特徴だ。

 高橋氏は会見の中で「今後のauは携帯電話サービスにとどまらずにKDDIのインターネットサービス全体のブランドとして顧客のライフスタイルに合わせたサービスの開発、提供を推進していきたい」と今後のビジョンについて力強く語った。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について