ユーミン夫妻がロシアより勲章受賞、記念写真は「慰霊用」

■その他の写真はこちら

 「ユーミン」の愛称で親しまれる歌手の松任谷由実と夫で『ユーミンスペクタクル シャングリラIII〜ドルフィンの夢〜』の総合演出・構成を手がける松任谷正隆氏が、ロシア安全保障アカデミーより勲章を受章! 7月23日(月)に大阪城ホール内で授与式が行われた。

 コンサートの枠を超えロシアのサーカスやシンクロナイズドスイミングなどを融合させた、新しい形のエンタテインメントショーをこの8年間で3回にわたって日本公演を開催。ロシアの文化やスタッフ、キャストを起用したことから日露の文化交流に貢献したとして、ユーミンが元英国首相・マーガレット・サッチャーが過去に受賞した『エカテリーナ大帝一等勲章』、正隆氏が『ロモノーソフ勲章』を関係者からそれぞれ授与された。

 正隆氏は「正直、雲を掴む感じ。でも、これからとんでもないことをやったんだ! と重さを考えそうです」と、まだ実感が湧かない様子。「スタッフ、キャスト共に濃い時間を過ごしてきた。(ショーは)日本人とロシア人の命を預けあうのが醍醐味。8年やって、いいコミュニケーションがとれていると思う」と恐縮しながらコメント。一方、昨年久々にロシアへ行き歴史や美術に触れてきたというユーミンは「ロシアから勲章を頂けるなんてカッコいい。今日の写真は、慰霊に使いたい!」と喜びを爆発させていた。

 なお“あるある問題”後、関西テレビ放送の代表取締役社長に就任した片岡正志氏にも『ピョートル大帝一等勲章』が同時に授与された。

■ヒット曲満載&好評配信中!!
松任谷(荒井)由実の着うた(R)、着うたフル(R)/着信メロディ はこちら

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について