最も人をひきつける“魅力のある企業”、1位はサントリー

『ランスタッドアワード2013』では、1位の【サントリー】を筆頭に、食品・飲料関連企業が多くランクインした。 [拡大する]

『ランスタッドアワード2013』では、1位の【サントリー】を筆頭に、食品・飲料関連企業が多くランクインした。

 世界最大級の総合人材サービス会社ランスタッドホールディング・エヌ・ヴィーの日本法人であるランスタッドは6日、働く人をひきつける「エンプロイヤーブランド・企業魅力度」を調査する、『ランスタッドアワード2013』の結果を発表した。“魅力のある企業”として1位に選ばれたのは【サントリー】、次いで2位【オリエンタルランド】、3位【明治】が続いた。

 1位の【サントリー】は年齢、地域別などの数項目でトップを獲得するなど、圧倒的な支持を受けての受賞。また、トップ10ではサントリーのほかにも、【明治】、【キリン】、【日清食品】といった、食品・飲料関連企業が多くランクインし、日本での食品・飲料業界に対する評価の高さが明らかになった。また、海外企業部門では幅広い層からの支持を受けた【アマゾン】が、2年連続で1位となった。

※ランスタッドアワードとは
「勤務先としていま最も人材をひきつける魅力のある企業」を第三者機関であるICMAに委託する調査によって選定し、表彰を行う。1999年にベルギーで開始して以来、世界共通基準のもと各国で毎年実施されている。日本の調査では18歳から65歳までの男女8000名に対し、調査対象企業170社(国内企業145社、海外企業25社)について「社名を知っているかどうか」と「その企業で働きたいかどうか」を問い、評価の高い企業を明らかにした。

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について