上司からのFacebook友達申請、「嫌だ」約6割

アットホーム社が発表した『上司との距離感についてのアンケート調査』より [拡大する]

アットホーム社が発表した『上司との距離感についてのアンケート調査』より

 直属の上司によるFacebookでの友達申請について、58.7%の人が嫌がっていることが、不動産情報サービスを提供するアットホーム社が発表した調査でわかった。男性では47.3%が、女性では70.0%が「嫌」と回答。申請を検討している上司は、まずは性別など部下との距離感を考慮する必要がありそうだ。

 同調査では、自宅の場所に関する調査も実施。上司と同じ沿線であることに対し、「嬉しい」「どちらかというと嬉しい」「特に何も思わない」など“許容できる”と考えている人は58.9%だった。しかし、同じ最寄り駅となると、男性では49.0%が許容できるとしたが、女性では24.7%に留まる結果に。このことについて同社は「上司との自宅の距離に関する“許容のボーダーライン”は、男女で異なる。全体的に女性の方が許容範囲が狭く、ボーダーラインが厳しい傾向が見られた」とコメントしている。

 一方、上司からのランチや飲みの誘いについては、7割超が許容できるとした。さらに上司との仲の良さを100点満点で聞いてみると、76.5%が50点以上をマーク。現代の若者は、上司との仲を悪いと考えているわけではないようだ。

【調査概要】
調査対象:1都3県在住で都内に勤務し、賃貸住宅でひとり暮らしをする20代で独身の会社員男女各300人
調査方法:インターネットリサーチ
調査期間:2012年8月17日(金)〜21日(火)

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について