栗山千明、ハリウッド映画の吹替初挑戦!

ハリウッド映画の吹替声優に初挑戦した栗山千明 [拡大する]

ハリウッド映画の吹替声優に初挑戦した栗山千明

 女優の栗山千明が、映画『エクスペンダブルズ2』(10月20日公開)の日本語吹き替え声優を務めることがわかり26日、都内で公開アフレコを行った。『キル・ビル Vol.1』(03年公開)でハリウッドデビューしている栗山にとって、“2度目”のハリウッドデビューとなる。初体験の仕事に試行錯誤を重ねながら「本当はやさしくしているのに、ちょっとバカにしたような台詞があったり、日本のお芝居ではなかなかない感覚のやり取りが経験できて面白かった」と充実の笑みをのぞかせた。

 栗山が挑むのは、一昨年に世界中で2億7400万ドル(約220億円)の興行収入を稼ぎ出した大ヒットアクション作『エクスペンダブルズ』の続編。本作のヒロイン的存在で、暗号解読のプロ、銃撃、格闘技、操縦などすべてに長けた元陸軍の女ソルジャー、マギー・チャンの声優を務める。

 本作を鑑賞した栗山は、最強の傭兵軍団“エクスペンダブルズ”を「迫力と緊張感がすごい」と大興奮。役柄との共通点については「基本おとなしい方なので、あまり荒々しい事には巻き込まれたくないのが本音。あまりないと思います」と正直に語っていた。

 栗山の起用について、サイモン・ウェスト監督は「彼女の仕事は知ってるよ。素晴らしい女優だよ」と絶賛し、早くも浮上している続編に「彼女が加わるのは素晴らしいだろうね」。それを聞いた栗山は「非常に光栄な事ですが、英語を流ちょうにしゃべれないので、ちょい役のような形で出演させていただけたら」とタジタジだった。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について