大島優子、映画賞受賞で「お芝居やっていく意味見えた」

映画賞を受賞し、“女優”としてまた一歩前進したAKB48・大島優子 (写真:片山よしお) [拡大する]

映画賞を受賞し、“女優”としてまた一歩前進したAKB48・大島優子 (写真:片山よしお)

 現在公開中の山田孝之主演映画『闇金ウシジマくん』でヒロイン・鈴木未來を演じているAKB48大島優子(23)。本作での演技が評価され、米ニューヨークで開催された北米最大の日本映画祭『JAPAN CUTS〜ジャパン・カッツ!』では一際輝く若い才能に与えられる『Cut Above Award for Outstanding Debut』を受賞。映画初ヒロインで功績を残した大島に、このほどORICON STYLEがインタビューを実施。初共演となった山田を交え、受賞の喜びや心境の変化を語った。

 大島演じる未來は、ギャンブル好きの母親が負った多額の借金を「出会いカフェ」で働きながら返済していく、夢も目標もない19歳のフリーター。林遣都演じる同級生・小川純に恋心を抱きながら、母親からは執拗にお金をせがまれ、山田演じる闇金業者の社長・丑嶋からも母親の抱えた借金を取り立てられる。

 周囲に流され、感情がすぐに表情に現れる未來役に「距離感が難しかったですね。お母さんに対して、純に対して、丑嶋社長に対して、人によって持っている感情が違うというか。でも、流されやすい役だからこそ肩の力を抜いてフラットに、常にリラックスして演じました」。

 山田は、これまでのイメージを払拭する幸薄な役柄に挑んだ大島との撮影を「プロ意識の高さ、集中力はすごいなと思いましたね」と振り返り、「あんなによかったんだから、そりゃ賞も獲りますよ」と絶賛。当初抱いていた「AKB48の人」というイメージは徐々に薄れていったようで「普段アイドルとして精神を削られてる人が、この現場に来ることでさらに削られて、しんどいんじゃないかと思ってた。けど、全然それを感じさせませんでしたね」と“女優”大島の精神力の強さを口にした。

 レコード大賞をはじめ、AKB48として数々の受賞歴を持つ大島だが、女優として賞を受け取ったのは今回が初。周囲からの祝福に「ありがとうございます。とても嬉しく思っております」と笑顔でエクボを見せながら、受賞の実感については「あります」と力を込めた。
 
 子役時代から数えると、AKBの中で芸歴は最長。下積み時代を乗り越え、アイドルとして輝く大島が、本作では“女優”として世間に認められた。

 「頂いたときは『なんでだろう』って思いもありましたけど…。沸々と、お芝居をやっていく意味が見えたというか。こういう喜びもあるんだなと知りました。賞を頂くことが、自分がお芝居をやっていく一つの喜びに変わるんだなと」。

 先日には夢の一つだった東京ドーム公演を成功させ、苦楽を共にした絶対的エース・前田敦子を見送った。本作への出演で「『お芝居をやり続けていいよ』という許可を頂いたような気がします」と胸を張る大島は、これからも自身の夢に向かって、アイドルと二足のわらじで頂点を目指していく。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について