とんねるず、テレ東で初冠番組 同局の「停滞感晴らしたい」

とんねるず(中央:石橋貴明、右:木梨憲武)と大橋未歩アナウンサー (C)ORICON DD inc. [拡大する]

とんねるず(中央:石橋貴明、右:木梨憲武)と大橋未歩アナウンサー (C)ORICON DD inc.

 お笑いコンビ・とんねるず石橋貴明木梨憲武が15日、東京・神谷町のテレビ東京本社でスペシャル番組『ハレバレとんねるず 略してテレとん』の会見を行った。とんねるずにとっては同局で初の冠番組。デビュー前の1980年に2人そろって初めてテレビ出演した番組が同局のバラエティ『ドバドバ大爆弾』だったことから、32年ぶりの“凱旋”となる。石橋は同局の「停滞感を晴らしたい。赤坂(TBS)越えを目指して頑張ります」と意気込み。木梨も「視聴率6〜7%は確実に取って行きたい」と笑顔で語った。

 番組は、とんねるずが総合司会となり、視聴者参加型の賞金100万円獲得ゲームを行うもの。出場者は「これだけは負けない」というモノマネや特技などの一芸を披露し、審査員がその芸につけた値段(最高100万円)を獲得するためのゲームにチャレンジする。収録会場も2人が『ドバドバ大爆弾』で参加した時と同じ、茨城県取手市民会館で行われる。

 32年前、学生時代にピンでテレビの素人番組に出場し、“番組荒らし”として有名だった石橋が、『ドバドバ大爆弾』の「2人1組」という出場規定のため木梨を誘い、ブルーバード(日産)の新車を買うお金欲しさに参加。2人の芸には72万円の値段がついたが、ゲームに敗れ、賞金を獲得できず「トボトボ取手から帰った」と石橋。今回、彼らの目に止まれば、「吉本興業やナベプロやサンミュージックに渡さずに、僕たちのところで育てたい」と出場者に期待を寄せた。

 『ハレバレとんねるず 略してテレとん』は9月10日(月)午後8時54分〜10時48分放送。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について