菜々緒、ドラマ主演で女優デビュー スタイル抜群の幸薄な美女役

人気コミック『主に泣いてます』でドラマ初出演・初主演する菜々緒 [拡大する]

人気コミック『主に泣いてます』でドラマ初出演・初主演する菜々緒

 モデルの菜々緒(23)が、7月スタートのフジテレビ系連続ドラマ『主に泣いてます』(毎週土曜 後11:10)で女優デビューすることがわかった。美貌と美しすぎるスタイルが災いし、不幸になってしまう幸薄美女の主人公・紺野泉を演じる。役者デビュー作でいきなりの主演抜てきに菜々緒は「まさか…と、本当にびっくりしました。今は不安な気持ちもありますが、“頑張らなきゃ”と引き締まる思いでいっぱいです」と気を引き締め「“演じる”という自分の新たな可能性にチャレンジする機会をいただけたので、私のできる最大限の努力をして作り上げていきたいです」と意気込む。

 同作は漫画雑誌『モーニング』(講談社)で連載中の東村アキコの同名漫画を原作に、菜々緒演じる泉を中心にさまざまな人物の報われない片想いを描いたヒューマンドラマ。泉は、多くの男性たちに迫られ社会から逃れるように生きながら、妻帯者である人気油絵画家・青山仁のモデル兼愛人として毎日を過ごす。“絶世の美女”故に不幸になってしまう特殊な役柄に、菜々緒は「モデルも一種の演じる仕事ですので、そういう点から共通点を見つけて取り組んでいきたいと思います」と、これまでの経験を糧に撮影に臨む。

 菜々緒の相手役には、アイドルグループ・KAT-TUN中丸雄一をキャスティング。美大に通う、性格的にはやや押しの弱い学生・赤松啓介を演じる中丸は「原作が非常にユーモアに溢れている作品なので、その世界に参加できると思うと大変嬉しく思います」と喜び、「全体を通してギャグの部分が重要になると思うので、意識して大切に撮影していきたい」と気合十分。共演する菜々緒については「菜々緒さんの印象はとにかくスタイルが良いということ。作品の主人公である泉の印象とかぶる点が多いので、今から撮影が楽しみです」と期待を込めた。

 番組プロデューサーの大木綾子氏は、菜々緒の起用について「この作品の世界観を作り上げる1つの大きな要は紺野泉の有無を言わせぬ美しさ。とにかく直感的に思い浮かんだのが菜々緒さんでした」と説明。「バラエティで見せる表情とは別の、儚げでありつつも凛とした、新たな菜々緒さんにご期待下さい」と、“女優”菜々緒の新境地に自信をのぞかせた。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について