“見習い”から昇格! 杉野真実アナ、「世界まる見え」新MCに決定

新MCに抜てきされた杉野真実アナウンサー(写真左)と、番組進行役の所ジョージ、ビートたけし [拡大する]

新MCに抜てきされた杉野真実アナウンサー(写真左)と、番組進行役の所ジョージ、ビートたけし

 “見習いアナ”として5月21日放送のバラエティ番組『世界まる見え!テレビ特捜部』(毎週月曜 後20:00〜20:54 日本テレビ系)に出演した同局の新入社員・杉野真実(22)が1日、アナウンサーとして正式配属され、同番組の新MCに抜てきされたことがわかった。“新人アナウンサー”として初収録を終えた杉野アナは「前回は見習いとして働いていたので、今回は身が引き締まる思い」とドキドキ。ビートたけし所ジョージら大御所タレントとの仕事に使命感をにじませながら「“新人らしく元気にハキハキと”をモットーに、これから頑張っていきます!」と初々しく意気込んだ。

 同番組がレギュラー放送を開始した1990年生まれで、大学では国際政治を専攻。趣味の海外旅行では世界25ヶ国を回るほどの行動力を持つ杉野アナは「昔からいろんなことに興味があって、知る喜びを感じてた。その知ったことを誰かに伝えることも嬉しいことだとわかって、伝える人になりたいと思った」とアナウンサーを志したといい、新MCに決定した際には「言葉で言い表せられない状態になりました。長く続いている番組なので、両親もビックリしていました」と振り返った。

 念願のアナウンサーデビューだが、元々は「家で観ていたのはニュースばかり。先輩の木村優子アナウンス部長のようなキャスターに憧れていました」と“報道志望”だったことを告白。志望とは異なるバラエティのMCだが「バラエティも奥が深くて、面白いというのにも色々あるんだと思った。これからも探っていきたい」と興味津々で「政治家の方とかをお呼びして、普段は見せないお顔をみせてくだされば楽しいかな」と期待を込めた。

 見習い時に自分の名前に掛けて「ダメ『杉野(過ぎの)』真実でした」と反省していた杉野アナだが、今回の収録は「微笑み『杉野(過ぎの)』真実で頑張ろうと思ったんですが、噛んでしまったときは『やってしまった』という顔になったので、70点ですね」と苦笑い。“愛ある叱咤”を送るたけしや所については「本当に優しいお二人。休憩中のときに声をかけてくださって、緊張感がすごく和らいでいる」と明かし「表現の仕方や着眼点が私にないものばかりで、勉強になります」と感心しきりだった。

 杉野アナは6月4日放送の『世界まる見え!テレビ特捜部 2時間SP(仮)』から番組に参加する。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について