若手女優・能年玲奈が人気ラジオ『SCHOOL OF LOCK!』で初レギュラー

TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』で初レギュラー番組に出演する能年玲奈 [拡大する]

TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』で初レギュラー番組に出演する能年玲奈

 第11代カルピスウォーターCMキャラクターに抜てきされた女優の能年玲奈(18)が、人気ラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』(TOKYO FMはじめ全国38局ネット)のパーソナリティに起用された。自身初のレギュラー番組となる能年は「初めてのラジオ。どきどきの入学。楽しみすぎて心臓破裂しそうです。むひゃーー。一生懸命頑張ります!」と大興奮で意気込む。

 10代の若者をターゲットとする同番組が、新学期を迎える4月に大幅リニューアル。2005年10月の番組開始以来、メインパーソナリティを務めていた「やしろ教頭」が卒業し、お笑いコンビ・POISON GIRL BANDの吉田大吾が「よしだ教頭」として着任するほか、若手女優がパーソナリティを務める名物コーナーの「GIRLS LOCKS!」のメンバーも初の総入れ替えを実施した。

 「GIRLS LOCKS!」では過去に、能年の事務所の先輩・新垣結衣をはじめ、榮倉奈々、堀北真希、桜庭ななみら数多くの人気女優を輩出している、いわば女優の登竜門的存在。4月からは次代を担う女優として剛力彩芽(1週目)、日南響子(2週目)、川口春奈(3週目)、そして能年(4週目)というフレッシュなメンバーが週替わりで担当していく。

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について