赤西仁、『VOGUE』で音楽の方向性を明かす「僕はただいいものを作りたいだけ」

赤西仁のインタビューを掲載している『VOGUE JAPAN』(最新1月号/コンデナストジャパン刊) [拡大する]

赤西仁のインタビューを掲載している『VOGUE JAPAN』(最新1月号/コンデナストジャパン刊)

 歌手・赤西仁(27)が、モード雑誌『VOGUE JAPAN』(最新1月号・28日発売/コンデナストジャパン刊)の単独取材のなかで、今後の音楽の方向性について語った。取材はロサンゼルスで行われ、赤西は現地スタッフのインタビューに終始英語で対応。単身海外に渡り、全米デビュー曲は米iTunesのDanceチャートで1位を獲得と華々しい1歩を踏み出した赤西が、これから生み出す音楽の方向性や現地でのレコーディングの日々を語っている。

 昨年、人気グループ・KAT-TUNから突然の脱退。その後のソロ活動では全米5大都市ツアーを成功させ、今月は「JIN AKANISHI」名義で全米デビューと、ファンを驚かせ続けている。インタビューでは渡米の理由として「アメリカの音楽」へのこだわりを挙げた赤西。ヒップホップの大ファンだが、特定のジャンルに絞り込まず「人気のある音楽は常に移り変わっているから、その一歩先を目指さないと。僕はただいいものを作りたいだけ」と、胸の内を明かす。

 そして、現在は来年リリース予定のアルバム制作のため、ほとんどの時間をレコーディングに費やしていると語り、「曲を作っている時はつらい。ほんと大変だよ」と苦労を口にするも「でもでき上がった時の満足感は最高過ぎるから」と充実した様子をうかがわせる。誌面では赤西のファッショングラビアも展開される。撮影はビヨンセや、ケイティ・ペリーらにレンズを向けてきた女性カメラマンが担当しており、クルーにはロサンゼルス.を拠点に、海外ミュージシャンと仕事をしている一流スタッフが集結。これまでにない“新生・赤西仁”の姿をいきいきと表現している。


>>詳細はこちら!『VOGUE JAPAN』公式サイト

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について