滝川クリステルが「苦痛に満ちた表情」 念願のドキュメンタリー番組初挑戦

BSフジ新春特番『Earth Walker』で、ドキュメンタリー番組に初挑戦する滝川クリステル (C)ORICON DD inc. [拡大する]

BSフジ新春特番『Earth Walker』で、ドキュメンタリー番組に初挑戦する滝川クリステル (C)ORICON DD inc.

 フリーキャスターの滝川クリステルが、来年1月2・3日に2夜連続放送されるBSフジ新春特番『Earth Walker』(後7:00〜8:55)でドキュメンタリー番組に初挑戦する。第1夜では、世界一大きいと言われる高さ80m以上のツリークライミングを敢行。25日、同局で行われた取材会で滝川は「テレビで見せるべきではないような苦痛に満ちた顔や本気の顔などさまざまな表情を見せています。カメラを気にするというレベルじゃなく必死だった」と振り返った。

 「ずっと念願だった」というドキュメンタリー番組への出演。滝川は「人間と自然と動物の共存について報道されない何かを、自分がいかに伝えられるか」を心がけ、今後も体を張った企画にどん欲に挑戦していく。未体験のスカイダイビングにも興味津々で「アドベンチャー的なものは得意です。怖さは特にないんでしょうね…。学生時代に遊びでバンジージャンプをやったくらいですから」とニッコリ微笑んだ。

 滝川が“旅人”となり体を張った冒険を繰り広げる同番組は、生命の惑星・地球と人間が共存するための知恵を見つけていく。滝川は、旅のパートナーとなるその道のプロとともに出かけ、今回、地球上最大の生物という巨木ジャイアントセコイアと、世界最大の珊瑚礁を誇るオーストラリアのゴールドコースト・レディエリオット島に挑む。

 第1夜放送の「世界一大きい木 ジャイアントセコイア」は、ツリークライミングで米カリフォルニア州にある樹齢2800年、高さ82.3mもの巨木を登る。普段は生態系の研究のためにのみ登ることを許されているセコイアだが、特別に許可を得た。滝川は「登っているうちに温かい気持ちになって、癒しの力があった」といい、実際、「登る前より降りた後の方が元気だった」と生命の神秘の魅力を熱く語っていた。

 第2夜「世界一美しい珊瑚の海 レディエリオット島」では、滝川が豪クィーンズランド州に位置する同島の海に潜り、東京湾との透明度の違いをその目で体験する。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について