『キングオブコント2011』ロバートが4代目キングに

『キングオブコント2011』4代目キングに輝いたロバート (C)ORICON DD inc. [拡大する]

『キングオブコント2011』4代目キングに輝いたロバート (C)ORICON DD inc.

 “コント日本一”を決める『キングオブコント2011』の決勝戦が23日、東京・赤坂のTBSで行われ、芸歴13年・決勝進出2度目のロバートが4代目キングに輝き、優勝賞金1000万円を手にした。エントリー総数3026組の頂点に立った3人は金の紙吹雪が舞うなか歓喜の雄たけび。トロフィーを手にした秋山竜次は「2008年から悔しい思いをしてたので本当に嬉しいです」と満面の笑みを浮かべた。

 同大会のルールはファイナリスト8組が披露する2本のコントを、準決勝進出者100人が1人10点・合計1000点満点で採点し、合計得点を競うというもので、1本目は事前に抽選で決められた順番通りに、2本目は1本目の点数が低かった組から登場する方式を採用。今年のファイナリストはラブレターズインパルス鬼ヶ島TKOトップリード2700モンスターエンジン、ロバートの8組。司会は昨年に続き、ダウンタウンが務めた。

 1stステージのトップバッターは大会初出場となるトップリードが務め750点を獲得。決勝進出3回目で“3度目の正直”を目指すTKOが2番手で登場し757点でトップに立つも、3番手のロバートが942点の高得点をマーク。その後、念願の決勝進出に感無量のラブレターズ(790点)、リズム歌ネタの2700(884点)、戦隊ネタで会場を笑いの渦に巻き込んだモンスターエンジン(843点)、独特の世界観を見せつけた鬼ヶ島(874点)、看守と受刑者のコントを披露したインパルス(815点)らが猛追するも、唯一の900点台を獲得したロバートが1stステージトップをキープした。

 2ndステージはトップリード(765点)、TKO(877点)、ラブレターズ(798点)、インパルス(881点)が次々とテンポの良いネタを披露。5番目に登場したモンスターエンジンが919点を獲得し暫定1位に躍り出たが、鬼ヶ島(805点)に続き登場した2700が925点を叩き出し首位を奪取。しかし、トリを務めたロバートが934点をマークし、2本共900点台という抜群の安定感でキングの座を掴んだ。

 なお、今大会の得点・順位は以下の通り。

優勝…ロバート 1876点(942点・934点)
2位…2700 1809点(884点・925点)
3位…モンスターエンジン 1762点(843点・919点)
4位…インパルス 1696点(815点・881点)
5位…鬼ヶ島 1679点(874点・805点)
6位…TKO 1634点(757点・877点)
7位…ラブレターズ 1588点(790点・798点)
8位…トップリード 1515点(750点・765点)

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について