製薬会社以外にも転職チャンスが広がる! MRが活躍できる業種とは?

MRからMR以外の職種に有利に転職するための方法とは? [拡大する]

MRからMR以外の職種に有利に転職するための方法とは?

 医薬品に関する知識や情報のスペシャリストであり、営業能力もあり、医薬品業界や医師、薬剤師に幅広い人脈を持つMR。転職に際しては、そのスキルを活かして製薬会社以外にも活躍のフィールドが広がっています。そこで、MR職からMR以外の職種に有利な転職をするためのポイントをアドバイスしたいと思います。また、MR出身の人材を積極的に募集している業種についても紹介しましょう。

■「MRだからこそ身に付いたスキル」を転職に応用する

 MRとしての経験が製薬会社への転職に有利に働くことは当然ですが、MRで身に付けたスキルや専門性を活かし、製薬会社以外の業種への転職を有利にする方法もあります。

 例えば、医薬品卸業者の営業職への転職です。MRは基本的に製薬会社に所属していますが、医薬品は製薬会社から病院へ直接納品されるというわけではなく、多くの場合は医薬品卸会社を経由して各医療機関や調剤薬局に供給されます。

 このような医薬品卸会社で働く営業担当者はMS(マーケティング・スペシャリスト)と呼ばれています。MRとして働いている人の大半は、医薬品卸会社で働くMSとの折衝・連携・協力を日常的に経験したことがあると思います。MRは製薬会社の代表として、MSは医療機関・調剤薬局の代理人の立場として自社の利益を確保しながら、より良い医薬品を広く円滑に供給していくという共通の社会的使命を背負っています。

 MRは日頃の交流を通じてMSの働き方や必要とされるスキルをよく理解しているはずですから、転職先として医薬品卸会社を選択し、MSに転身するという選択肢も十分考えられるでしょう。これまでのキャリアやスキル、人脈を活かして、有利な転職を実現しやすい職種といえるのではないでしょうか。

■MRの知識・経験が活かせるCRCやCRA

 MRの知識や経験を活かせる職種としては、MSのほかにもCRC(治験コーディネーター)やCRA(臨床開発モニター)などが挙げられます。

・CRC(治験コーディネーター)
 CRCの仕事内容は、治験に関するさまざまな業務をサポートすることです。具体的には、製薬会社に勉強会を実施してもらい、新薬の安全性などを試す治験において内容を理解します。同時に、治験実施に伴うミーティング資料の作成や、治験責任医師を含む関係スタッフに説明をします。また、ドクターから被験者を紹介してもらい、治験基準に合う患者を探したり、被験者に対してはインフォームドコンセントなどのケアを実施したりします。その上で、書類作成のサポートやスケジュール調整など、医療現場で治験に携わる医師・薬剤師・技師・看護師の支援をします。もちろん、医療現場と製薬会社が協力して、治験が円滑に行われるための調整役もしなければなりません。医薬品に対する正確で深い知識、そして医療関係者とのコミュニケーション能力などが求められる仕事のため、MRの経験が活かしやすいでしょう。

・CRA(臨床開発モニター)
 CRAもCRCによく似た職種で、医療現場ではCRCと協力しながら治験を進めていきます。ただし、CRCはSMO(治験施設支援機関)と呼ばれる会社に所属して中立的な立場から医療機関を支援する立場であるのに対し、CRAは製薬会社やCRO(開発業務受託機関)に所属して製薬会社を支援する立場であるという点が大きく異なります。

 CRAの仕事は、治験を行う医療機関が決まったら、製薬会社の用意した治験実施計画書を基に、治験内容の説明とスケジュールを確認し、契約を締結します。治験がスタートしたら、治験が適切に行われているかどうかを監視(モニタリング)するという役割を果たします。これには、被験者の安全性のほか、薬事法やGCP(厚労省が省令化した治験実施ルール)の遵守、データの正確性・信憑性などを監視し、医師が作成するCRF(症例報告書)を製薬会社に提出するという役割を担っています。

 CRAは未経験で応募可能とされていますが、MRや薬剤師、看護師などの経験者であることが前提の場合がほとんどです。CRCと同様に、医薬品に対する専門知識や医療関係者とのコミュニケーション能力、医療や医療現場に関する理解力などが求められる仕事ですから、MRの転職先としてふさわしいといえるでしょう。

■激変が続く製薬業界でキャリア形成するにはMRに固執しないことも大切

 現在、製薬業界は大きな変革期を迎えています。従来の日本型ビジネスモデルはグローバル化の波にさらされ、大手製薬会社同士の合併や国際M&A、後発医薬品が台頭しています。このような状況下で着実にキャリアを形成していくためには、MRという職種だけに固執するのではなく、自分の能力をより発揮できる職場や働き方を求めてみることも大切ではないでしょうか。

 今回ご紹介したように、MRの転職先としてふさわしい業種や職種は大きくその領域を広げてきています。これらを視野に入れ、より有利な転職を検討してみてください。

>>気になる“紹介条件” 利用者が選ぶ<転職エージェント>1位は…

>>転職希望者は“必見”! 「求人の多い時期」と「採用されやすい時期」

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。